塩化アルミニウムとは

塩化アルミニウムとは

脇汗を抑制することが出来、殺菌効果も期待できる塩化アルミニウムは、制汗スプレーにもよく使われている成分です。
多汗症治療の代表的な成分となっています。以前まではほとんど病院で使われていたのですが、最近では市販でも販売されているのをよく目にします。

 

制汗剤にも塩化アルミニウムを使っている商品が多く、
通販では海外製ですがデトランスαのような、病院で使われる医薬品としての
塩化アルミニウム配合の脇汗対策クリームも手に入れることができます。

 

塩化アルミニウムは、脇汗を一時的に止めることができる成分です。

 

本質的に脇汗を改善することはできませんが、塩化アルミニウムが含まれている商品を使い続けている間は脇汗を抑制することができます。治療でも使われることが多いので、効果が十分に期待できます。

 

ただし、使い方には十分な注意が必要であり、
特に塩化アルミニウム液を使う時は注意事項を必ず読んだ上で使うことをお勧めします。

 

いきなり多量の塩化アルミニウムを使ってしまうと肌に負担をかけてしまいます。
目安は3滴〜5滴となっていますが、まずは1滴の量を脇につけていきましょう。

 

徐々に脇に塩化アルミニウムを馴染ませていくことで効率的な対策を行うことができます。
異常がすぐにでも出てくることがあれば塗るのをやめましょう。

 

効果が高い分、注意しながら塗らなければならないということを頭に入れて使用して下さい。

 

効果も人によって早く出てくる場合や使い続けて3日後に出てくる場合など様々です。
1日塗っただけでは効果はなかなか現れにくいと思うので、辛抱強く毎日塗り続けていきましょう。