制汗剤とデオドラント剤

制汗剤とは?

制汗剤は、デオドラントとよく似ているようで違います。
制汗剤は、お肌に直接つけて、毛細血管の先端部分を収縮させることによって、

汗腺の中でも、ワキガや多汗症の原因と言われるアポクリン腺やエクリン腺などに
直接作用して、汗の発生を抑える役割を果たしています。

とくに、真夏の暑い時期になると、ワキの部分に汗をかきやすくなり、
サラッとした汗ならとくにニオイも気になりませんが、
ワキの汗は蒸れやすくて、雑菌が繁殖しやすく、不快なニオイの原因になります。

制汗剤には、発生した汗を吸収する作用や発汗を抑制する
収れん作用などがありますので、汗のニオイを抑えたい人にオススメです。
制汗剤は、脇の汗だけに限らず、体臭予防にもオススメですね。

デオドラント剤とは?

デオドラント剤は、制汗剤と同じものと思っている人も多いようですが、
デオドラント剤というと、汗を抑えるというよりも、
不快なニオイを抑える微香性のものが多く販売されていますね。

市販のデオドラントにはいろんな種類がありますが、
スプレータイプのものが多く見られます。

シューッとスプレーすれば、気になる汗の不快なニオイが抑えられて、
真夏の暑い夏も快適に過ごせるようになります。

デオドラント剤には、汗の不快なニオイから雑菌が繁殖しないように、
殺菌成分が含まれているものもあります。

デオドラント剤の種類が豊富で、サラッとした使い心地で、
ドラッグストアやコスメショップに行くと、
たくさんの種類のデオドラント剤が販売されています。

制汗剤とデオドラント剤の違いは?

制汗剤とデオドラント剤は、どのように違うのでしょうか。
とくにはっきりとした区分はなく、殺菌剤が配合された制汗剤も
販売されており、デオドラント剤に殺菌作用を持つものもあります。

ほとんどこれといった区別はありませんが、デオドラント剤は、香りを重視している傾向にあります。
制汗剤は、その名の通り、汗の発生と雑菌の繁殖を抑える作用を持つのに対して、

デオドラント剤は、スプレーすると、バラの香りやハーブの香りがほのかに漂うといったものもありますので、
女性の身だしなみやエチケットという観点では、デオドラント剤のほうがオススメですね。

制汗剤の本来の目的は、汗を抑える働きであり、
デオドラント剤では、汗の不快なニオイを抑える作用が重視されています。